スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・出待ち

2012.05.30.Wed
通販で買ったおズボンが入らなくてショックを受けたtorakoです。こんばんは。
「ウエスト61cm」ってもはやわたしにとっては見栄らしい


x-x-x-x-x
先週、地元のオーケストラの定期演奏会があったので聴きに行って来た。
わたしのお師匠さんがソロを吹くということ、「管組」全曲という珍しいプログラム、
何より92歳の指揮者が振るという!

この人、昔はすごいオーボエ吹きだったらしいが、わたしが名前を知った頃にはもう大指揮者にしてバッハの大研究家だった。
なので(?)とっくの昔に死んだものと思っており、去年来日を知った時は腰を抜かしそうになった。

間違いなくこれが最後の来日公演!見ておかなければ!
[ 全文を読む ]

世界宣言

2012.05.23.Wed
日食とスカイツリー一色の報道に日本の平和を実感しつつ、北九州のガレキ受け入れ拒否のニュースに心を痛めたりしているtorakoです。こんばんは。

x-x-x-x-x
先日病院で体重を量ったら、自分史上最高値を更新していた。
これまでは高校3年生の時の体重が最も重かったのだが、年齢的なものか、とうとうそれを超えてしまった

どうしたいかって?
もちろん1kgでも減らしたいに決まってますがな。
[ 全文を読む ]

◆◆◆もう5月も半ばです◆◆◆

2012.05.14.Mon
連休もいつの間にか終わって、五月病になるヒマもなく現在に至っています。
気付けば前回の更新からちょうど1ヶ月。
くそー、なんでこんなに時間が早く経つんだろうなー。

さて、先月のグロ画像アップを最後に消息を絶っていたtorakoさんの目、どうなったかというと


[ 全文を読む ]

◆◆◆4月も早やなかばです◆◆◆

2012.04.14.Sat
気が付けば年度が替わって4月もなかば。わたしはいつヒマになるんだー


x-x-x-x-x
右目がうまく開かない状態が長らく続いていたが、楽譜を読む時に困るようになってきたので、いよいよまぶたを縮める手術を受けることにした。

筋無力症の疑いと言われているので、まぶたを切って縫い縮めたところで病気が治るわけではなく、対症療法でしかない。
しかし、まぶたが勝手に下がってくるのはどうにも不便だ。
生活の質が向上するなら思い切って手術を受けてみようじゃないか。


x-x-x-x-x
ということで、先月から形成外科(開業医)に通って相談していたのだがいよいよ手術。
あらかじめ聞かされていた話では、左と右とで4mm違うので、右のまぶたの筋肉を4mm切るということだった。

ところが、開けてびっくり!
そもそも切ろうと思っていた筋肉が、瞼板(けんばん)というパーツから外れて、縮んでいたのだ。
だから瞼板が動かせなかったわけだ。しかもその縮み幅はちょうど4mmだという。

しかも、筋肉として使われていなかったので、脂肪化しているという。
脂肪がもういちど筋肉になるのかシロウトには甚だ疑問だったが、とりあえずその脂肪だか筋肉だか分からないものを、主治医は再び瞼板にくっつけることにしたらしい。

「うーん、分かんないけど、もういちど筋肉として働いてくれることを期待して

いやー、だったらもっとダイエットって簡単なんじゃないの…

自覚症状が出てすぐに病院にかかっていたら、まだ脂肪にはなっていなかったかもね。
5年も6年もほっとくとこういうことになるって身をもって学びました


x-x-x-x-x
完全に腫れが引くのに1ヶ月かかると言われた。
しかも「視力が下がるから」と眼帯をくれなかった。フランケンシュタインみたいなのに。



フランケンを見たかったらこの下にグロ画像あります
[ 全文を読む ]

夭逝

2012.03.22.Thu
同じ吹奏楽団の団員が亡くなり、今日は通夜に行って来た。
もちろん突然のことだし、わたしより2歳若かった。
お父さんが気丈に会葬御礼のあいさつをしていたが、子どもを見送るくらい辛いことはこの世になかろう。

楽器を吹くのが好きな子だった。
120万円で買ったというバスクラリネットをとても大事にしていたのが印象深い。
毎週当たり前のように聴いていた彼の「アッピア街道」のソロがもう聴けないと思うと残念だ。

「アッピア街道」の最後のクライマックスのピッコロのトリルは辛い。マジ辛い。
辛いが、生きて楽器を吹けることはありがたいことだ。
torako、キミの分までがんばるよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。