スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨劇【3】

2008.08.28.Thu
前回までのあらすじ

さて、翌朝。
いつもより早く出なければならず、30分早く起きて準備していたら、電話が鳴った。

なんと、ゆうべほとんど死にかけていた上司からではないか。
ちゃんと起きれたんか…不死身やな…。

「いやー、昨日はごめんごめん!
 カミさんにも怒られちゃってさー」

えええっ
まるで別人のようなさわやかさではないですか

くどくどとした話を聞いているうちに、だんだん腹が立ってきた。
結局コイツは何も反省などしていないのだ。
今だって、奥さんに怒られたから、とりあえず電話をかけてきたのだろう。

「あーもー、勝手にしろ」と思いながら電話を切って、仕事に行った。


x-x-x-x-x
前の晩寝ていないうえに、今日も1日韓国人の相手をして、すっかり疲れ切った。
まさに最後の力を振り絞り、夕方に職場へ戻った。

すると、すっかり元気になったブタが、得意げに武勇伝を語る姿が目に飛び込んできた。
「いやー、すっげー伝説作っちゃったよー」
「オレの伝説、尾ひれや背びれがついて、後世まで語り継がれるんだろうなー」
「オレのがんばりも認めてほしいよな」





どっかーん





気がついたら、ブタの前に仁王立ちになっているtorakoがいた。

「ちょっとっ!何エラそうに語ってんですか!
 隣の課(汚した車は隣の課から借りていたものだった)には謝ったんですかっ」
「あ…まだだった。どれ、謝っとくか。よっこらしょ」

1回死んじゃえよ

「ブタが車を汚した」という事実だけは、尾ひれも背びれも付かず、部内全員に伝わっていたようだ。
わたしのキレ具合を見た同僚が興味半分、ビビリ半分に
「ねえねえ、何があったの?」
と聞いてきた。

自分が酔った時の話を聞かされるのは誰だってイヤだろう。
そう思って、わたしは課長にも最低限の事実しかメールで伝えなかったのだ。
(車を洗った後、課長にメールを入れておいたので、帰りがより遅くなった)
それなのに、それなのに…情けのかけ損じゃん。くぅ~っ。

もちろん洗いざらいぜ~んぶしゃべってやった。みんなドン引き

「何で連れて帰ってきたのー!途中で捨ててくればよかったのに」

うーん、何でって言われてもなあ…。
本当にその時は動転して、そういう選択肢がなかったんだよなあ。

「次は川にでも投げ込んで来ます。ってか次はもうないし。
 二度と一緒に仕事をすることはないですから」

【完】

コメント

2008-09-18.Thu 08:42
とんでもない上司のお世話お疲れ様でしたね。
話は面白く読ませていただきましたけど、実際にtorakoさんの立場だったらって思うと悪寒が走りますよぉ。
とはいえ、昔は私も酔って車で送っていただいたりしたこともしょっちゅう。
さすがに車で・・・ってなことはなかったですが、今更ですが少し反省・・・(笑)
URL|みゆ #2NU31nKA[ 編集]

みゆさん♪

2008-09-22.Mon 21:58
確かに、他人の酔っ払った姿を見ると、自分の酔い方を振り返っちゃいますよね。
わたしも気をつけよう…と思いました。

ところで、この人のセクハラは常習だそうです。
あーあ、次はどこに飛ばされるのやら。
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。