スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でも屋

2007.09.06.Thu
うちのカイシャ、「ゆりかごから墓場まで」というたとえのとおり、何でもやっている。
わたしの今の課は、どちらかと言えば「墓場寄り」だ…。

何でもやっているということもあり、ありとあらゆる電話がかかってくる。
今日は、福祉施設に勤める青年(たぶん)から、「利用者(お年寄り)に対する処遇が悪い」とタレ込みっぽい電話がかかってきた。
まだ若いのか、正義感に燃えるあまり頭に血が上っていて、罪もないtorakoがずいぶん食ってかかられたのだった。かわいそうなtorako。

先週の土曜日は、「市内に暮らす兄(お年寄り)に電話をしてもつながらないのだが、どうやったら安否を知ることができるか」と県外在住の女性から電話がかかってきた。

「休日出勤の時の電話はロクなことがないから取るな」ということを、カイシャに入ってすぐに先輩から叩き込まれたものだが、そうはいかんでしょう…。
(そしてたいていロクでもないことに巻き込まれる)

結局お兄さんは無事だということがあとで分かったのだが、
「独居老人孤独死」
「白骨化遺体」
などと勝手に頭の中を新聞の見出しが躍りまくり、こっちの寿命が縮まりそうだった。

そういえば、前の課にいた時
 「ゴムの引っ張り試験をやってくれるところを教えてくれ」
という電話がかかってきたこともあった。
(その電話は、平日だったが時間外にかかってきた)
うちの課の仕事じゃないっ191と言っても始まらないので、2時間くらいあちこちに電話をかけ続け、ようやく探し当てた時はうれしかったなあ。
先方にも大変喜ばれた。

何でも屋はどんなボールでも受けまっせ!
(しかしわざと変化球を投げるのはやめてもらいたい)

コメント

何でも嫌

2007-09-07.Fri 00:28
お疲れさまです♪

どんだけ~って言いたいくらいカイチョーのお家騒動に巻き込まれた我が社は大丈夫?と思いつつ、ワタクシもtorakoちゃんとは違うけど何でも相談室と化してます(涙)。このところご老人のヒトリゴトに1時間おつきあい、とかいうのが多いかな。

1人暮らしの人と連絡取れないと不安なものよ。先日ワタシも親と話していて途中で突然電話が切れて、その後一切つながらなくなった(携帯も)時は、さすがに隣の家の電話を探して見に行ってもらいましたよ。結局電話の調子がおかしかっただけ、というオチがつきましたが。
URL|さるるるる #B4D4qCgY[ 編集]

さるるるるさん♪

2007-09-07.Fri 00:38
今度のカイチョーさんは大丈夫なんでしょうね…。

親の一人暮らしは確かに心配かも!
うちはまだ二人だし元気だからあまり心配じゃないけど、さるるるるさんの話を読んで「たまには連絡せなアカンな」と思いました。

ちなみに電話をかけてきた人に、「最後に安否確認をされたのはいつですか?」と聞いたら、「半年前です」って言うワケv-12「だったらもっとこまめに連絡しろよ~」と内心つっこんでしまいました。
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。