スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄譚

2011.12.12.Mon
今日は両親と別れてようやく一人でお買い物。
特に父が英語ができないので、カフェでの注文やレジでお金を払う時に離してもらえず、「もうカンベンしてくれい」とずっと思っていたのだった。


朝の8時。
まだこんなに暗い。
DSC_0152.jpg


さて、今日の旅のお供はこのモビリス。
DSC_0153.jpg


一日乗車券のようなものらしく、一定のゾーン内の地下鉄、バス、近郊電車(RERと呼ばれている)が乗り放題!
よーし、元を取るぜ!

地下鉄の駅は概して薄暗いが、駅ごとにベンチの色や駅名の表示に工夫があってオシャレだ。
(ただし「今いる駅」しか分からず、隣がどこかは一言も書いてない)
moblog_31eb938d.jpg


なぜ演奏をここで…。
スピーカーまで持ち込んで、自由な感じだ。
DSC_0155.jpg


あと、駅に着いてもドアは自動では開かず、乗り降りする客が自分でボタンを押して開ける。
日本では田舎の北国にしかないシステムだが、なんとパリのパクり(かどうかは分かりませんが)だったとは!

そして今日、初めてボタンではなくレバー式のものを見た。
これ、かなり力が必要で、女の人がやっても相当ワイルドに見える。
DSC_0181.jpg

コメント

ミュージシャン

2011-12-19.Mon 05:57
電車の中で遭遇せんかった?たまに中にいたけど。

パリの地下鉄は比較的安全やしいいよね。よく乗りました。あのドアも電車が完全に止まる直前にロックが外れたらすぐ開けて止まった瞬間に颯爽と降りるのが楽しかったりして…。

はぁ、また行きたいなぁ…。
URL|さるるるる #kFfTDLeA[ 編集]

さるるるるさん♪

2011-12-24.Sat 17:15
>止まった瞬間に

いやいや!あの人たち止まる前に開けてますよね!
あんな危険な乗り物はないと思いました。中国かインドか…。

おしゃれな街で本当に楽しかったですよー!また行きたい!
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。