スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強熱心

2011.05.10.Tue
前の課の歓送迎会があった。

1次会が終わって、酔い覚ましに何人かでお茶を飲みに行くことになった。
でも、終わった時間が遅かったので、あまり開いているお店がなかった。
そこで、お茶といいつつドーナツ屋さんに行った。




そんなに大きな声で話していたつもりはないのだが、ずっと離れた席に座っていた会社勤め風の女性が立ち上がって

「すいません、もうちょっと静かにしてもらえますか!
 勉強のジャマなんで!」

と怒鳴ってきた。

その時、店にはその女性と、その隣のテーブルに同じく勉強中の男子学生、
そして女性の対角線上にわたしたちがいた。

確かに、わたしたちのグループには声のよく通る人がひとりいたし、
(しかもその人はしばしば「うるさい」と注意されるらしい…オトナなのに)
気をつけると言ってもこっちも酔っ払いだし、
まあそりゃ迷惑をかけたかもしれない。

一応みんなで立ち上がって「すみませんでした」と頭を下げたのだが、


勉強?夜の11時にドーナツ屋で?
さぞかし頭に入らないことでしょうよ…。
●下達郎のBGMとか小さくしてもらったらどうですかね。


すると、女性に電話がかかってきた。
相手は会社の部下なのだろうか、

「うん…うん…お疲れ。
 ついでにあっちもやっといて」


他人の勉強は電話でジャマすんだ、ふーん。
そして夜の11時にさらに頼みごと?何様?


と思う間もなく、部長が大声で

「もう出よう!気分悪い

と言って立ち上がったのでさらにびっくりした。
ブチョー!あんなバカ女のケンカなんか買うことないですって



ま、飲食店でデカいツラして勉強するようなオトナはロクなもんじゃないんだね。

コメント

シーベルトも日本でこんなに有名になるとは思ってなかっただろう。

2011-05-13.Fri 00:17
客単価の高い店はもう少し静かだと思う。そっち行けってね。
いくつになってもみすど。
あと、きっとドーナツソングのビート(ボー・ディドリー・ビート)が勉強を促進させるのです。

他人に厳しく自分に甘く。震災も落ち着いて、そういう人がまた増えるのでしょうか?

お花畑へのご栄転、おめでとうございます。
URL|ちょ #bLZK28I6[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。