スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って来たぜ

2011.03.19.Sat
やっとtorakoさんがPCの前に帰って来たぜ!
毎日ちゃんとごはんを食べてるぜ!


留守中、心温まるメッセージをたくさんいただき、本当にありがとうございました。
本来ならおひとりおひとりにご返信を、あるいはブログをご訪問してごあいさつ差し上げるべきところ、こちらでまとめてのお礼とさせていただくことをお許しください。




x-x-x-x-x
さて、ネット好きのtorako、ようやくパトロール(?)再開だ。
被災地の外のみなさんの「何かしたいけど何ができるの?」という書き込みをいろんなところで見たよ。

そんな時は

「同情するならアレをくれ」



①実は、避難所にはモノはあるんです。

滞る支援物資、集積所に山積み 道路寸断が運送阻む【日経3/18】

食べ物や毛布、衣類は、全国からご支援をいただいて、かなり集まって来た。
燃料も少しずつ入って来るとのこと。
自治体によって物資の集まり具合は異なるが、自治体間で物資を融通し合うしくみも少しずつ整ってきた。

個人からの物資の寄贈のお申し出は大変ありがたいが、ロットが小さいものは仕分けが大変なので、できればご遠慮いただきたい。
物資支援の電話を受けたり、仕分けをしたり、避難所への配送計画を立てたりする自治体職員もへとへとになりながらがんばっている。
そんな自治体の負担を減らすためにも、物資は企業や他自治体にお任せください!

②ヒトに関しては;
ボランティアの人手もほしいけれど、被災地に入るための交通手段が今はないので、「自力で来られて自力で食べられて自力で泊まれる」方だとありがたい。
(実際にホテルや旅館も被災しているし、建物が無事でも電気・ガス・水道が止まったままのところもあるので、宿や食事はあてにできないと思う)


③そこで、アレの出番ですがな。
例えば
義援金の受付について(宮城県ウェブサイト)

家がなくなった人に関して言えば、今は避難所で物資が受け取れるからまだいいかもしれないけど(決して最善ではないが)、仮設住宅に移れるめどが立ったら、次はきっと現金が必要になると思う。
貯金があればいいけど、そんな人ばかりでもないだろうし。

その点、アレはいろんなものに化けるし、場合によってはそのまま被災者に渡せるかもしれない。

どうか、ご協力いただけるお気持ちがあれば、ぜひ募金をお願いいたします。


x-x-x-x-x
生き残ったわたしにできることの1つは、自分の知っていることを少しでもお伝えすること、だろうか。
わたしは、実際に津波で流された地区に入ったわけではないし、もちろん被災地にいるからと言って全て分かるわけでもないのだが、たとえ一部分でも様子を知ってもらえればうれしい。

地震のあと、仕事相手のシンガポール人がたくさんメールをくれた。
「私たちの気持ちと魂は、常に日本の皆さんと共にあります」
とみんな書いてくれた。それがどれほどうれしかったか。

「忘れられていないこと」、これがきっと被災者の心のよりどころになると思う。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。