スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲者揃い

2011.02.15.Tue
今日は「不思議なお友だち」の話をしますよー
torakoの職場は役者揃いだね。

向かいの席はわたしの同期だ。
昨日、彼のところにA社からあるメールが来た。

B社がある会議を立ち上げることになったようで、その構成員になってほしいとA社にもちかけたのだ。
ついでに、うちにも声をかけてほしいとA社に頼んだらしい。
B社の業界では、年度末にドタバタと会を立ち上げるのはなぜかよくある話だ。

ひどいのは、昨日照会が来て、回答を今日よこせと。
そんな失礼な話はない。それだけで噛み付いてもよさそうな話だ。
(わたしなら回答を横に置いてもまずイヤミは言う)

しかし彼はわたしと違って育ちがいい。
係長に
「どうしたらいいと思いますか?」
と判断を仰いだ。

係長「課長がいないから返事は待って、って言えば」
(課長は海外出張中で、今日帰国することになっていた)

そりゃそうだ。そして、話を又聞きする限り、係長に確認するまでもないレベルの話だ。

しかし、彼は昨日のうちには回答しなかった。


x-x-x-x-x
そして今日。
課長は朝に成田に着くことになっていた。

「もう日本に着いたかなあ。
 ねえ、もう課長に電話してもいいですか?」

そんなことまで聞くか。

しかし係長、彼には寛容だ。
「まあそのうち『着いた』って連絡よこすんじゃない?
 それまで待ってたら?」

しかし、待てど暮らせど課長は電話をかけて来なかった。
それも社会人としていかがな態度かとも思うのだが、まあ無事に着いたということの裏返しでもあるのだろう。

昼過ぎ、彼はついにしびれを切らし、課長の携帯を鳴らした。
しかし課長は携帯にも出なかったので、留守電にメッセージを残した。

すると、夕方近くになって、ようやく折り返しの電話がかかってきた。
彼は昨日からの経緯を説明したあと、

「…というわけで、『加盟は検討中』として回答してもよろしいでしょうか」

ええー!
「検討中」って答えるためだけにわざわざ課長に電話したのー!

それくらい、誰にも聞かなくたって答えられるじゃん。
〆切を延ばしてって言えばいいだけなのに。

もういちど言いますが、わたしの同期ですよ。
うちの課に来てもう3年目だし、何よりうちのカイシャで14年働いてるんですけど。
もうちょっとしっかりしようよ…(わたしに言われるとか終わってる)


x-x-x-x-x
ちなみに、課長は「留守中何か変わったことはなかったか」と聞いてきたらしく、彼は電話を係長に回した。
あの1件以来、課長と係長の間の亀裂は決定的なものとなっていた。

「…ええ、ええ、別に何も変わったことはありませんでしたっ」 がちゃんっ

ええー!
この人、上司との電話を叩き切ったよ…。

(しかし課長も課長だ。1週間も留守にしてたわけだし、
 気になることがあるならそっちからかけて来てもよさそうなものを)



うちの課、いろいろヤバい

コメント

管理人のみ閲覧できます

2011-02-22.Tue 00:21
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。