スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金食い虫

2011.01.25.Tue
年が明けてすぐに、ピッコロを調整に出した。
わたしが今使っているピッコロは、市の消防音楽隊からツテを頼って借りているものだ。
春先の本番前に、団のピッコロの調子が悪くなり、急遽音楽隊から借りたのをそのまま使っていたら、そっちも年末に調子が悪くなった。デストロイヤーtorako。

楽器屋に持って行ったら、部品の交換が必要だという。おーまいがっ
個数にもよるが、交換したら軽く1万円は超えてしまう。
部品の値段はゴミみたいなものだが、技術料が高いのだ。

「自分の楽器じゃないので(という理屈もおかしいが)できればバランス調整だけで…」
「そうですね…でも少なくとも3ヶ所は寿命が来てますねえ…」

わたしが吹いたから寿命が来たわけでもあるまい。
たぶんもともと状態が悪かったのだ。音楽隊にやられた…。
(音楽隊もやろう(?)と思ってやった(?)わけではなかろうが)

しかしこの業界、借りた方が調整して返すのがならわしである。
泣く泣く14,700円を払って修理した。


次は、団のピッコロも調整しなければならない。
団から出してもらってもいいのだが、団の楽器修理の年間予算は10万しかない。
打楽器とか大型楽器の修理がかさむかもしれないことを考えると、「小物」に出してくれとも言いにくいのだ。

まあ1万円くらいだったら自腹かね…。



x-x-x-x-x
前置きが長くなりました。
「もう他人の楽器にお金をかけるのはイヤじゃ」ということで、マイピッコロを買おうと思う。
予算は、爪に火を灯して貯めたなけなしのおこづかい50万円程度。

中古の軽自動車が買えますがな…って思ったアナタ。
管楽器で50万と言ったら、安くもないが高くもない。

体力的に、楽器を吹けるのはあと10年から15年だろう。
「プレイヤーとしての晩年」を、いい楽器と過ごしたいではないか。

修理代の1万円にはシブくても、50万の楽器をポンと買えるなんて…楽器吹きならきっと分かってくれるはず

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。