スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おちょこ

2010.12.10.Fri
わたしの課からは3人受験した。(うちわたしともう1人が同期、もう1人はずっと若い)
1次で合格したのはわたし1人だった。

係長と落ちた2人で飲みに行ったらしい。
その時の同期の話を係長が教えてくれた。

まあ要するに「落ちてショックだった」という話なのだが、

・絶対今年は受かると思っていた
・少なくとも学科は課の3人の中ではいちばん点が取れる自信があった
・落ちたのは内申点が悪かったからだ
・ボクの方が仕事もできるのに、内申が悪かった(わたしの方がよかった)のは
 部長のえこひいきに違いない
 (部長とわたしは10年くらい前に同じ職場だった)
・少なくとも課長から見たらボクの方がイチオシだったはずだ
 なんでかっていうと、合格発表の日に課長から「ごめんね」って謝られたから
・課長の方が人物を見る目がある、ボクは部長のような上司にはならないぞ





小さ過ぎ!

なんなんだ、この「根拠のない自信」と「ムダな思い込み」のオンパレードは???






彼は頭も良く(ついでに言えば見た目もいい)、仕事もわたしと違って緻密だし、英語もできるし、歩いてきた職場もどちらかと言えばエリートコースだ。
わたしは、わたしより先に彼が受かっても不思議ではないと思っていた。
(なぜ受からないか、ついに今日判明しましたが)

しかし一方、わたしは課長からは「今年はアナタはチャンスだからがんばってね」とも言われていた。
…こんな話、聞いたら泣いちゃうよね。しゃべっちゃおっかな~


x-x-x-x-x
わたしなら、少なくとも同じ課の同僚にはそういうことは(思っても)言わない。
しかもわたしと係長は「告げ口シスターズ」と言われるほど仲が良い。
なぜ悪口を言う相手を選ばなかったのか?もっと状況を読めよ…。

わたしだって、4回目の挑戦でようやく1次合格を手にしたのだ。
落ちた時の悔しさや情けなさは人並みに経験しているつもりだ。
この先、2次だって受かるかどうか分からないわけで、不安だらけだ。
自分だけ受かったのは申し訳ないが、だからこそ2次をがんばらないと、むしろ落ちた人たちに失礼でしょ。
…なんて、いろいろ考えているワケですよ。


そういうのってお互い様だと思うんだけどね。
もっとナイスなガイだと思ってたけど、ホントがっかりだよー


でも、なんかおもしろいから、来週の課の忘年会でいじってみよう。乞うご期待!

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。