スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかわり

2007.11.15.Thu
「ランチ 手作りハンバーグ 680円」

という看板に魅かれ、初めての店に入った。
するとそこはどうやら夜は飲み屋らしく、カウンターに6人、ローテーブルに6人という薄暗い穴倉のような店だった。
壁の棚にはレコードがぎっしり入っていて、よく聞くとBGMもジャズだった。

カウンターの中にはママ、っていうかお母さんが一人。
エプロンより割烹着が似合いそうだ。
夜も忙しいでしょうに、ランチもとは、お疲れさまでございます。

カウンターが「おひとりさま」で埋まったところで、常連さんがゾロゾロと入ってきた。
と、途端にお母さんが笑いながら「あら、忙しいときを狙って来て、迷惑ね」みたいなことを言った。
うひゃー、その人たちも一応客ですよ。
一瞬にしてジャズが似合わない定食屋になった。

そのおじさんたちが「ママ、ごはん大盛りね」と言うと、
「大盛りにするの面倒だからおかわりして!お皿持ってきて!」とお母さんが元気よく返事した。
いつもは2人でやっているようなのだが、たまたま今日はもう1人が休んだらしい。
「まあ仕方ないね」と思って聞いていた。

1膳目を食べ終わったおじさんたちがカウンターにおかわりの皿を持って来た。
4人のうち3人がおかわり希望だったのだが、





どの皿にもご飯が残っている





ええっ!1人ならいざしらず、全員デスよ!
これはこの地方の風習か何かデスか?
カウンターで食べているわたしたちは、いやでもおじさんの食べ残しを見せ付けられる羽目になった。

むぅ、ビミョー…味というより雰囲気で、たぶん二度と来ないな。


---
ところで、おかわりの時にご飯を残すのはアリなんですね。
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/lessons/reihou/manners/EatandDrink/EatandDrink.html
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0718/096440.htm?o=0&p=5
生まれて初めて知った…。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。