スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが

2007.11.08.Thu
うちの係長、親睦会行事をことのほか大切にする。
「超勤がつかないサービス残業」だと思っているわたしとは大違いだ。

昨日の残業中に、残っていたみんなと忘年会の話で一気に盛り上がり、予約までしてしまった。
(職員の半分以上が残っていたので多数決としては問題ない)
その日程が気に入らなかったらしく、話しかけてもシカトときたもんだ。

確かにそのあたりは例年会議(課長と係長は拘束される)がある時期で、みんなそれをすっかり忘れていたのは悪かった。ええ悪かったですとも。
だからって機嫌を悪くするほどの話?たかが飲み会なのに?

わたしもすぐに謝ればよかったのだが、寝不足で疲れていたせいか、係長の態度の悪さにいつになくカチンときて、半日話しかけなかった。

なぜこのような確執があるかというと、
みんな忙しくて22時過ぎまで残っているのに、係長は定時で帰って行くから
超勤整理簿(というのがちゃんとあるんです)を提出すると、一応口では「お疲れさま」とねぎらってはくれるが、具体的に残業を減らす対策を考えてくれたことがない。

なのに「親睦会行事もちゃんとやれ」と仕事を増やすようなことを言うから、イラッとするわけだ。

悪い人ではないが、ちょっぴり煙たがられている係長。
忙しかったのだがとても自分の中ではためておけず、思わず遠くの席の人のところまで行って愚痴ってしまった。(もちろん係長に聞かれないため)

「えー、だったら自分で予約すればいいじゃん」
「係長、無理に来なくていいよ」
「torakoさんのこと、『秘書』だと思ってるから言いやすいんだね」
とんでもない。毎日隣の席でご機嫌を伺う身にもなってほしい。

---
先月ボウリング大会をやったが、その時も大変だった。

「景品はどうなってるの?」
「えーと、○○さん(別の幹事)に買い出しをお願いしているんですが、
男性1~3位と女性1~3位の分を買ってきていただけるそうです」
「ええっ!全員分はないの?
だったら、景品をもらえない人もいるってこと?

そんなん知らんわ…
たかが課のボウリング大会くらいで、なぜあんな不満そうな声を出されたのか、いまだに理解できない。

そのエネルギーを、職場環境の改善に向けていただきたいものである。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。