スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆◆◆今日から6月です◆◆◆

2010.06.01.Tue
この間、教育テレビで「共感覚」の特集をやっていた。

「共感覚」の詳しい説明はWikipediaではこんな感じ

torako、共感覚者である。
数字や文字を見ると同時に色を感じ、音程にも色が付いている。

これ、飲み会の時のカッコウのネタだ。
相手から聞いた誕生日とか電話番号とかを、色の並びで言ってあげるだけでウケる。
誰も何も得してないが。


x-x-x-x-x
さて、テストのページがあったのでやってみた。
ある調性(ハ長調とかイ短調とか)の音階を聴いて、感じた色を答えるというものだ。
結果はこんな感じ。同じ色が続くほど共感覚が強いと言える、ようだ。



不本意だけど、結構はずしている。
torakoの場合、耳が疲れると色が見えなくなるんだよー

こういう「一見どうでもいいこと」を研究している人がいるっていうことがすばらしい。
人類の進化にかかわる「なんかスゴいヒミツ」とか見つかるかもしれない。
例えば、人類は成長の過程でどうやって感覚を分化させていくか、とかさ。(よく分かってないけど)

あと、一説によると共感覚者は「2000人にひとり」とも言われているらしいが、わたしは今までひとりしか会ったことがない。
「色が聞こえる」他の人にも会ってみたいものだ。

コメント

みたみた

2010-06-05.Sat 11:54
私もたまたまそのTVみたわ~。
でも私がもっとも気になったのは、最初に出てきた大学教授?は一体いくつなんか?という。。。i-229(ハ調が白?でピアノ弾いとった人)
最近年とったことを実感するわ。
ところでtorakoさんがそんな技を持っとるとわ知らなんだ。というか忘れてるのかな?
URL|万ママ #JalddpaA[ 編集]

万ママさん♪

2010-06-12.Sat 08:21
秘められた能力…でもなく、子どもの頃は「当然周りの人も色が見えている」と無意識のうちに思い込んでいて、言わなかったんじゃないですかね。

大学教授の女の人、案外うちらと同じくらいかもね。軽くショックやな…
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。