スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆◆◆今日から4月です◆◆◆

2010.04.01.Thu
今日から新年度。何か新しいスタートを切るにはふさわしくない、どんより曇って肌寒い1日だった。

わたし自身は人事異動もなく、今の課で3年目に突入した。
課長とあまり性格的に合わないと思っていて、できれば課長に出てもらうか自分が出るかしたかったが、どちらも残ってしまった。
それを除けば、法律に縛られることもなく責任も軽い、比較的気楽な仕事の内容なので、まあよしとせねばなるまい。

わたしの課では、今年度新規採用職員を迎えることが既に先月分かっていた。
課長は勝手に「新卒の女子」だと思い込み
(こういう思い込みの激しいところがイラっと来るワケよ)
わたしと組ませることに決めていた。

でも、今日来たのは「社会人枠」で入った、わたしの1歳下の男性だった。
全然初々しくない新人でちょっと驚いたが、でもようこそうちのカイシャへ!

課長は、自分の腹積もり(「女どうし、仲良く頼むよ」という極めてとんちんかんな思い込み)と違ったことに面食らったようだったが、結局彼より年上なのはわたしだけなので、そのままわたしに預けることにしたようだ。
わたしは来年度は絶対異動したいので、「いいセンパイ」のフリをして、ちゃんと後任者として育てますぜ(-ι- ) ククッ


それと、今年わたしの課はとある国際会議を受け持つことになった。
前のシャチョーが自分の手柄を自慢したいためだけに引っ張って来たどうでもいい仕事で、前年度までは違う課が担当していたのだが、何らかのオトナの事情により「所管換え」になり、そこの課の人たちが仕事を持って異動して来た。つまり係が1つ増えたようなものだ。

わたしはその仕事はやらないからいいのだけれど、そこの課から来たうちの1人が、これまた鼻持ちならないヤツだ。
鼻持ちならなかった前のシャチョーに目をかけられていたらしく、
(類は友を呼んだのだろうか)
既に異動初日から「当然みなさん手伝ってくれるでしょ、世紀の一大プロジェクトなんだから」的なにおいがぷんぷんする。
わたしにとっては「鼻クソプロジェクト」だ…前シャチョーのアホさとこの男の高慢さに、年度初日からげんなりさせられた。

人にモノを頼むには礼儀が必要なのだ。半年後にキサマが泣いてもわたしは知らん。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。