スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉さん、事件でした

2010.03.12.Fri
シンガポール人がシンガポールに帰り、
わたしがシンガポールから帰り、
タイ人もタイに帰り、

ようやくわたしに平穏な日々が戻ってきた。
日本がいちばん、日本人がいちばんだ

グダグダだったシンガポールのテレビ局の招請の件;
わたしがシンガポールにいる間に、クルーもシンガポールに帰って来て、現地で会うことができたのだが、感想を聞いたところ、撮影自体は非常に好評だったようだ。
それはよかったよかった。とにかく終わって本当によかった。


しかし、わたしがシンガポールに行く前に、既に事件は起こっていた。


東京から彼らが新幹線で到着し、駅近くのホテルにチェックインした。
驚いたことに、カメラマンとディレクターの夫婦が息子を連れて来ていた。
小太りでめがねをかけた典型的シンガポーリアン風外見の息子、21歳。
あいさつができないとか食べ方が汚いとか、そういうことはもはやどうでもよい。

クルーの宿泊については、うちが全員分をシングルで手配した(もちろん費用もうちが負担)。
事業を委託したJ社の添乗員がまとめて手続きし、鍵を全員に配った。
すると、チェックインをした気配もないのに、息子がクルーと一緒にエレベーターで客室階に上がって行った。
「?」…わたしと添乗員は、思わず顔を見合わせた。


えっ、まさか…いやいや、そんなことあるはずアリマセンって。
…で、でも、い、一応親に確認しとこうかな…ね、念のため。


荷物を置いて降りて来た母親に聞いてみた。
「ちょっとちょっと、息子の予約はどうしたの?」
「ああ、あの子はわたしと一緒に寝るから、don't worry!


えー!全然どんとうぉーりーじゃないよー!
中国人ならいざ知らず、お行儀のよいシンガポーリアンがこれをやるとは!
(どこまで本当か知らないが、中国では「1人あたり」ではな「く1室あたり」の料金なので、1部屋に10人くらいで泊まって費用を浮かせるという話を聞いたことがある)

「何が起こっても仕方がない」と腹をくくっていたわたしも添乗員も、これにはさすがに ( ゚д゚)ポカーン となった。

通訳を通じて(わたしの語学力でこれを言うのは無理)
「お互いオトナだから、わたしたちもホテルに告げ口したりはしないけれど、
 見つかってもうちもJ社も責任取りませんよ」
と言ってもらった。


ホテル側には奇跡的にバレなかったようだが、バレなきゃいいという類いの話ではない。
次に招請事業をやる時は
(少なくともここのテレビ局は金輪際呼びたくないが)
家族を帯同するかどうか、事前に確認しなければ。
ガイジンと仕事するってホント怖い


それと、小太り21歳の息子に添い寝する母親…この国は早晩ダメになるな。

ちなみに、息子は兵役に行くはずだったのが延期になって、休暇を持て余して親について来たらしいのだ。
こんなクソガ…お坊ちゃまでも軍隊に入れば多少はまともになるんですかね。

コメント

一部屋いくら

2010-03-17.Wed 23:19
儲かってまっか?
定員以上詰め込むのは別として、一部屋いくらっていう料金設定は、結構普通なのでは?
URL|ちょ #bLZK28I6[ 編集]

ちょ師匠♪

2010-04-02.Fri 03:30
コメントをすっかり見落としていて、失礼しました。
「一部屋いくら」っていうのはそうですね、確かに外国ではそうですよね。読み返すと、なんか自分のイメージをうまく表現できていない文章です。
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。