スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャチョー交代・続き

2009.08.25.Tue
明日から出張だが、珍しく荷造りがほぼ終わっている。
「前日に荷造りが終わっている」という状態が、これほど誇らしい気分になれるとは!
次もがんばりましょう>torakoさん

x-x-x-x-x
シャチョーネタを引っ張るつもりはなかったのだが、貴重な教訓を得たので書いておく。

さて、昨日は新シャチョーの初出勤だった。
恒例により、わたしたちヒラ職員もロビーまでお迎えに行った。
すると、OBのオバ…いや、お姉さま方が30人くらいドアの近くに陣取っていた。
わたしと同僚は、(あまり理由はなかったが)その近くで待つことにした。

今度のシャチョーは実は生え抜きで、しかも女性だ。
だから、現職の時に仲の良かったオバ…お姉さま方も、かつての同僚の「一生に一度の晴れ舞台」に馳せ参じたというところなのだろう。

やがて車が到着し、ピンクのジャケットに身を包んだシャチョーが降りてきた。
するとお姉さま方がガーッと社長に群がり、花束を渡したり握手攻めにしたり、さらにその周りを報道陣(そう、今回のシャチョー交代劇は地元ではちょっとした騒ぎだったのですよ)が取り囲み、まるで韓流スターが成田空港に着いた時のような雰囲気になった。見たことないけど。

さすが生え抜きだけあって、職員の反応も温かく、ずっと拍手が鳴り止まなかった。
10分くらいで、シャチョーはロビーの奥に姿を消し、職員も解散するかと思われた。

と、部長クラスのおじさんたちがぞろぞろとお姉さま方の方に歩み寄って来たではないか。
そして、それぞれ見知ったお姉さまのところに近づき、三々五々と
「どうもごぶさたしています」
「お元気そうで何よりです」
と、深々と頭を下げたのである。部長クラスが、だよ。

わたしはこの時、一サラリーマンとして改めて社会の(カイシャの?)掟を思い知った。

「オバちゃんを敵に回してはいけない」

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。