スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pコン

2009.05.03.Sun
定期演奏会を1週間後に控え、今日もガッツリ練習させられた。

今回、無謀なわたしたちはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を乗せることになった。
一応(と言っちゃ失礼でしょうが)プロのピアニストを呼んでやるのだが、ピアニストとの「合わせ」は今まで1回しかやっていない。
そして、次に合わせるのは本番前日のリハーサル。なんてスリリングなんでしょう!

そのピアニスト、東京近郊のアマチュアのオケとも同じ曲をやっていて、わたしたちはその録音のCDを頼りに練習を進めてきた。
彼はアゴーギク(テンポやリズムを揺らして演奏すること)が結構すごくて、最初は全然タイミングが取れなかった。

しかし、たぶん曲がよくできているのである。
(歴史に名を残す天才作曲家をつかまえて言うことでもないが)
ピアノを聴いて入ればちゃんとタイミングが合う、ということが何となく分かってきた。
何回も練習して、「まあ何とかなるかな…」という段階まで来たと思う。

x-x-x-x-x
ここで、一人足をひっぱる男がいる。またアイツだ。
なぜピアノのソロの時まで棒を振ろうとする…ソロに任せればいいではないか。相手は仮にもプロだ。

録音に合わせて指揮を振ろうとするのだが、必ず録音とズレるところがある。
すると毎回、「このピアニストはアンタたちが思ってるよりアゴーギクすっからね。要注意だよ」と言う。
本当に毎回だ。
えー…合わないのはわたしたちのせいですか?
そんなに毎回振れないなら、いっそピアニストの間合いに任せればいいのに…。

団員の間では、もちろん「本番は指揮を見ないようにしよう…」という話になっている。

x-x-x-x-x
振れないこととは関係ないが、今日はマスクをしてやってきた。
「豚じゃないよ。アハハ」
何でも、温泉に行って風邪をひいたのだとか。
本番1週間前ですよ、お願いしますよ…。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。