スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカゴ【1】

2008.11.30.Sun
Thanksgivingの休暇を利用して、シカゴに来ている。
従姉が住んでいて、その家に転がり込んだ。

寮から空港まで、ア民間の送迎サービスを利用することにしていたのは前にも書いた。
このサービス、乗り合いなので、いろんな人がいろんなところから乗ってきて、いろんな空港で降りていく。
わたしは他の人との兼ね合いで、9時半の飛行機に乗るために、寮を4時半に出た。とんでもない話だ。
そして、空港には6時半に着いた。国内線だから早すぎだよ!

2時間待ってようやく乗った飛行機に故障が見つかったとかで、いちど降ろされた。
代わりの機材はすぐ見つかったが、それで1時間半出発が遅れた。

わたしはそのことを従姉に連絡しようと思ったのだが、電話番号を寮に置いて来たことにすぐ気がついた。
あとはメールをチェックするしかない。
わたしのPCは古くてバッテリーがもたないので、まず電源探しから始まった。
しかし時間切れ、またすぐに呼ばれて飛行機に戻ることになった。

シカゴに1時間半遅れで着いたので、当然従姉とは会えなかった。
1時間半も遅れると分かったら、わたしだったらどっかコーヒーショップに入るもん。
やはり絶対従姉に電話しなければ。

ここでまた、メールとの格闘が始まった。
電源を探し、PCを立ち上げ、無線LANを探したところ、接続には登録が必要で、さらに有料だという!
仕方がないので登録し、カードの番号を入力し、7ドル払って24時間接続する権利を得たところで、放送で名前を呼ばれ、探しに来た従姉に会うことができた。7ドル~!

寮を出てから従姉に会うまで、12時間の大冒険だった。
英語はほぼ問題なかったのに、自分のソコツさと運の悪さで、ひどい目に遭った。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。