スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ

2008.11.24.Mon
日曜日の今日は、ラヴリーなEdmundとのお別れの日だった
彼は、明日からわたしの帰国の日まで東南アジア方面に出張なので、今日「さよなら」を言わなければならなかった。
彼とはたぶん、2週間後にサンフランシスコ付近ですれ違うはずだ。

帰国の日じゃなくて、ある意味よかったかもしれない。
その日は、ルームメートのKarenちゃんや、クラスメートにも別れを告げなければならないからだ。
そんな時に、さらに彼に会ったら、間違いなく泣いてしまう…だから今日でよかったと思う。

埋め合わせの続きで、彼がスタバでブランチをおごってくれた。
彼とお茶を飲むのは、最初で最後の機会だ。
わたしはここでお礼を言おうと決めていたので、しどろもどろになりながらも、がんばってしゃべった。

「いつも泣いていて、『どうしよう』とばかり言っていましたが、
 あなたがいつも励ましてくれたおかげで、自分を変えることができました。
 本当に感謝しています。

 あなたは意図していなかったかもしれないけど、
 あなたは『誰か』を変えることができたんです。
 それはすごいことだと思います。

 あなたがいつも言っていた
 "It's your experience."
 という言葉が、わたしをいつも力づけてくれました。
 ずっとこの言葉を大事にしていきます」

彼はとても感動してくれた。
自分の英語が通じたことに、わたしも感動した。

「そう言ってくれて、本当にありがとう。
 あなたが変わったことは、自分にとっても印象的なことだったよ。

 何年もこの仕事をやっているけど、
 仲良くなったみんなと別れるのはいつも淋しいね。

 あなたが僕に『ありがとう』って言ってくれたから、
 今日の別れは特に悲しい…」

あー、スィートすぎるー!やっぱりラヴー!
そんなふうに言ってくれるなんて、とてもうれしいけどとても悲しい。

「日本に行った時は、スタバでおごってね。
 日本の方がたぶん値段が高いから。へへ、勝った!」

考えることがちっちゃいよ!たかだか数十円でしょ…。


そして、2人で学校に戻ったあと、立体駐車場でフルートを聴いてもらった。
オレンジ畑の見えるこの駐車場は、彼のお気に入りの場所の1つなんだそうだ。

彼は来週が誕生日なので、まず"Happy Birthday"を吹いた。
彼は「カリフォルニアっぽい写真を撮ってやるから」と張り切ってカメラを持って来たのだが、

「あ…感動して写真撮るの忘れた」

かわいい…。

そして次に、アメリカの国歌を吹いた。
こっそり練習していたつもりだったのに、

「わお!国歌は僕のために練習してたんだね!Cool!」

バレてたのか…。

そして彼は、アンコールに「トトロ!トトロ!」とリクエストしてきた。
なぜこの感動的な局面で…最後まで「読めない人」だった。
(吹ける曲でよかったと言えばそうだけど)


別れ際、彼はhugしてくれて、「メールちょうだいね」と言ってくれた。
(わたしもついにhugが平気な日本人になってしまった…)
メールを期待してくれてありがとう!日本に帰ったら、お礼のメールを書くよ!


x-x-x-x-x
昨日の夜は、絶対泣いてしまう…と心配だったが、とても幸せな気分で別れることができた。

彼は、わたしのことを、「かわいそうな留学生」から「友だち」に格上げしてくれたと思う。
ガイジンとこんなふうに感情を共有できる日が来るとは、渡米前は思ってもみなかった。

彼に感謝の気持ちを伝えることができて、ひと仕事が終わった気がする。
今はココロにぽっかり穴が開いている。

ここであと何回、「さよなら」を言うのか。

コメント

2008-11-25.Tue 21:11
とてもステキな話でした。
旅には出会いと別れがありますよね。
そこがいいところでもあり、
ちょっと寂しい点でもあるのかな?

私も昔は「外人は異生物かも」と思ってましたが、
海外で仕事や勉強をするうちに
「人間って、どこでもそう大きく変わりはないじゃん」と
実感するようになりました。

お別れは寂しいでしょうけれど、
でも大丈夫、人はどんなに離れていても
縁があれば必ず再会できますよ!
タケコプターもあるし(^o^)
URL|Yukki #-[ 編集]

Yukkiさん♪

2008-11-26.Wed 07:55
わたしの泣き言にお付き合いいただいて、ありがとうございました。お恥ずかしいです…。

彼がいなくなって、改めて考えると、「言葉が通じない人」をここまで信頼できたということは、わたしにとっては奇跡でした。
気持ちがあれば、人と人はきっとお互いに分かり合える…ということを学んだような気がします。
この2ヶ月で、語学以上に大切なことをたくさん勉強させてもらいました。まわりの全ての人に感謝したいです。

次に彼が日本に来る時には、絶対タケコプターを使ってもらいます。
URL|torako #-[ 編集]

2008-11-29.Sat 10:23
こんにちは。
torakoさんが旅立ってからここまで
一気に読ませていただきました。
帰国を寂しいと思えてよかったですね。
(色々ありすぎたと思うけれど)

torakoさんと彼の言葉と
フルートのプレゼント 
不覚にも涙です(笑)
URL|ぴぶ #-[ 編集]

ぴぶさん♪

2008-11-30.Sun 02:18
おかげさまで、帰国まで残り1週間となりました。
本っっっ当にいろいろありましたが、笑って話せる思い出ばかりになりました。とてもいい経験ができて、幸運だったと思います。

別れの当日にようやく「友だち」になれた…というのがこたえました。でも、これもまた人生、なのでしょうね。いい出会いを経験できてよかったです。

あと1週間、最後まで走り切ります!
URL|torako #-[ 編集]

2008-11-30.Sun 08:09
いよいよ のこり一週間。
今週は涙が一杯の毎日かしら?

最初はどうなってしまうかなぁ~?と思いましたが 見事Happy Endになりそうですねぇ。

「会うは別れの始まり」と言うけど
本当ですねぇ。

お忙しいでしょうが お体には気をつけて 無事に帰国されてね。
そうそう 日本はしっかり 寒くなりましたよ。帰国時の服装も 冬用をね!!
URL|たむ #-[ 編集]

たむさん♪

2008-12-01.Mon 02:16
たむさんまで泣かせるようなこと言わないでください~今はできるだけ「日本に帰ってからの楽しいこと」を想像するようにしています。

慣れない留学生活で、友だちの存在には本当に癒されました。かけがえのない宝物を得たような気がしています。

来週の今頃はもう日本です!
あと1週間、アメリカを満喫して帰ります!
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。