スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと18日

2008.11.19.Wed
帰国まであと18日となった。
今ではすっかりこちらになじみ、帰国のことを考えるのがちょっとつらい。


今日の授業で、来学期からの家賃の値上げについて知らされた。
先生が、一人ひとりに寮かホームステイかを確認し、紙を配って回ったのだが(寮もホームステイも学校にお金を払うため)、わたしが「紙はいりません」と断ったら、とても悲しそうな顔で"WHY???"と聞き返された。

「わたしは今学期だけで、12月には帰国するんです」
それを聞いた先生は
「みんな!宿題よ!12月までに、彼女のパスポートを盗むこと!」
アメリカのこういうところが好きだ。


実は、帰国の日はわたしの誕生日だ
こちらに来た頃は、「帰国が最大の誕生日プレゼント」だと思っていたが、少し淋しい日になりそうだ。

誕生日に帰国ということを知ったクラスメートたちが、とても残念がってくれた。
「飛行機のチケットを変更して、1日長くいたらいいじゃない。
 そうしたら誕生日をお祝いしてあげられるのに」
エエ子らや…。・゚・(つД`)・゚・。

しかし、もちろん航空券の変更は不可能。
往復航空券を格安で買っているし、何よりカイシャの中の手続きがとっても面倒だからだ。

ああ、そういう「めんどくさいカイシャ」に戻るんだなあ。
少しずつ、気持ちを日本に戻して行かなければ。


しかし、残る子たちも気持ちは複雑みたいで、
「せっかく仲良くなったのに、たくさん友だちを見送らなくちゃいけなくて、残酷すぎる」
という話をランチの時に聞かされた。

みんなはまだ若くて可能性があり、ここで一生懸命英語を勉強して、きっとこれからの国際社会を担う人材に育っていくのだと思う。
そんな彼らにとっては、地球はたぶんとても小さいはずだ。
そして、立派に成長した彼らは、簡単に世界中を飛び回ることができるだろう。

今は目の前の別れがつらいかもしれないけど、いつでも簡単に会えるんだって!
ぜひ力を合わせて、国際交流のかけはしとなってほしいと願う。


将来有望な若い人たちの成長の場に立ち会えて、とても光栄に思っている。
「友だち」って、こんなにいいものだったんだなあ。

コメント

2008-11-20.Thu 07:49
残すところあと18日ですか!
出発の時には私も『長いなぁ~』と思っていたのに、本当に光陰矢のごとしですね。
楽しく過ごせたのが何よりですよ!
でも…別れはいつでも辛いですね…。
残りの日を思いっきり楽しんできてくださいね!
URL|ricura #-[ 編集]

ricuraさん♪

2008-11-20.Thu 12:58
そうなんですー!これまでたくさん別れを経験してきたはずなのに(もういいトシですから)、若い人と一緒にいるせいか、自分まで気持ちが若くなってしまって、友だちとの別れを想像するとかなり悲しい…。
いい思い出をたくさん作れるよう、最後までめいっぱい楽しみたいです!
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。