スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨクデキマシタ

2008.10.31.Fri
わたしは、必修の英語の授業のほかに、週1回、木曜日の夜に、日本語の授業を取っている。

わたしたちの在籍しているプログラムの学生のうち、上のレベル(advanced level)の学生は、1つだけ無料で大学本校や生涯学習の授業を無料で選択することができる。
(ちなみにわたしの同僚は「ヨガ」を取り、週1回体をほぐしている)

この授業は、日本に関心を持つ外国人と接するよい機会でもあり、
英語ができなくて他人の世話になりっぱなしのわたしにとっても、
「外国で誰かを助ける」
という満足感が得られる貴重な場でもある。



さて、授業が終わったあと、日本オタクのメルさん(アメリカ人男性)が
「このあともし時間があったら、スタバに行かない?」
と声をかけてきた。

わたしのほかに2人日本人学生がいて、わたしたち3人はメルさんに本当によくしてもらっている。
彼は日本が大好きで、日本に何回も行っていて、たぶん日本人に親切にされたので、わたしたちに親切にしてくれるのだと思う。

そんな親切なメルさんの誘いを断るわけにはいかない。


そして、わたしたちは学校の向かいのスタバに行った。
その後、わたしは2時間、メルさんのお話を傾聴することとなった。
リスニングの訓練としては絶好の機会だった。

彼は本当に日本の文化に詳しい。
彼は、日本人のわたしに、キムタクが出演したドラマの順番を教えてくれた。

「えーと、彼はアイスホッケーの選手を演じたでしょ。
 その前は確か…パイロット?
 で、その前は弁護士だったんだよね」 
(彼はlawyerと言っていた…でも実際は検察官なんですよね。調べました)

っていうか、なんでそんなことまで知ってんの…何者?

「今年、彼は総理大臣を演じたんですよ」
「えっ、知らない!それホント?」

そんなに悔しがらなくても…。


そして、話題は大河ドラマにうつっていった。
いちばん好きなのは「義経」で、次に好きなのが「北条時宗」だそうだ。
(わたしはぜひ「篤姫」を見てもらいたが、きっと彼はあの作りは好きじゃないと思う)

「義経の話は、日本人はみんな好きだと思います。
 なぜなら、彼はかわいそうな人生を送ったからです。
 歴史を知らなくても、義経の話を知っている日本人は多いと思います」
「そうそう!勧進帳でしょ!
 実は最初、日本のドラマは大嫌いだったんだ。
 なんでかっていうと、全部悲しい終わり方でしょ。
 47人のサムライも、サイゴウも、ノギも、みんなかわいそうな死に方をしたよね」

お説ごもっともです。
でもアナタ、相当ヘンなガイジンですよ…。


最後は南北朝時代の話までされた。
後醍醐天皇がどうとかこうとか言っていた。
ここまで来ると、もう日本語で聞かされてもついていけない。

最後の力を振り絞り、食らい付いてみた。
「えーと…後醍醐天皇って、南朝を率いた人ですよね?」

するとメルさん、
「Goog job! ヨクデキマシタ」

torako、異国で日本の恥をさらしました。

コメント

ナンチョー?

2008-11-03.Mon 11:57
世界史で盛り上がればよかったのではないですの?
南朝って、英語では「Nancho」ですか?「Southern Imperial Court」とかですか?

カボチャの日には、「Trick or treat!」で、買い置きの28枚入りのガーナチョコ1箱とられました。
URL|ちょ #bLZK28I6[ 編集]

ちょ師匠♪

2008-11-03.Mon 15:38
"He led South Dynasty."と言ったら通じました。チョロいもんです。

カボチャの日には、仮装した学校のスタッフが授業に乱入してきて、むりやり"Trick or treat"と言わされました。でも安全にハロウィンを楽しめて、よかったです。
URL|torako #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。