スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス精神

2008.09.29.Mon
今日は日曜日。
学校のカフェは今日は休みなので、朝ごはんは学校の前のスタバにした。

ヨーグルトシリアルと紅茶を頼んだら、黒いおねーちゃん(メキシカンなのかもっと南の人なのかてんで区別がつかない)に

「ダード」

と言って出された。

だーど?と思ったが、お礼を言って席に着いた。
すると、スプーンがない。
そこで、もういちどレジに行って、「スプーンください」と頼んだ。
すると、彼女はにっこりほほえんで

「サイアセン」

さいあせん?

もしかして…「スミマセン」?
ってことは、「ダード」は「どうぞ」?


そのあと、部屋に戻って、風呂とトイレを掃除した。
ついでに部屋と同じ階にあるコインランドリーで洗濯もした。

小一時間くらいして、電話がかかってきた。
同僚かな?と思って出ると、男の人の声で
「おはようございます」

おっかしーなー、日本人男子の友だちはまだいないのに。

「エドモンドデス」

あー☆愛しのEdmund!プリティー!
日本語もしゃべれるなんてラヴー!
きれいな発音だったから日本人と間違えちゃった。
(そのあとは英語だったけど)


わたしのつたない経験から言うと、外国で、日本語で声をかけられることがよくある。
ちなみに、多いのは昼だろうが夜だろう「オハヨウゴザイマス」。
誰が教えているんだろう。
(余談だが、「オハヨウ」だけ言われることもあって、心の狭いわたしはムッとする。
 「ゴザイマス」はどうした?)

日本だと、やたらガイジンに「ハロー」と声をかけるのは失礼、みたいなところもあると思う。
でも、「オハヨウゴザイマス」はきっと彼らのサービス精神なんだろう。

日本人がガイジンにできるサービスって、何だろう。

コメント

やさしい日本人

2008-10-15.Wed 04:32
日本人は外国人に優しいと思います。
母語でもない英語が日本で通じるとでも思っている人たちに、ブロークンな英語で対応してくれます。

外国に旅行するのに、現地の言葉を知らなくてもなんとかなることがすでにサービスだと思います。

外国で話しかけられる日本語と言えば「シャチョサン、ニセモノトケイ!」ですね。

torako加油!
URL|ちょ #bLZK28I6[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。