スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

2010.03.19.Fri
うちの団の指揮者が、市内の某私立大学吹奏楽部の指導もしている縁で、その大学の卒業式に行って来た。




人数がいない部活なので、もともとうちの団から何人か呼ばれていたのだが、どうしてもピッコロが必要になったようで、わたしにも1週間前に声がかかった。
もともと美容院に行こうと思って休暇を取る予定の日だったので、まあいいよと引き受けた。

卒業式なんて、職業が先生か、子どもがいなければ縁がないイベントだ。
何か気持ちが引き締まるよねえ。


さて、実際の式では、学長・理事長の祝辞が意外によくて感銘を受けた。
学長の話は

これから社会に出るにあたって、「心の誇り」と「心の動き」を大切にしてほしい

・「心の誇り」とは
4年間勉学や部活動、ボランティア活動などに打ち込んで、そのこと自体に誇りを感じている諸君も多いでしょう。
しかし「自分の外の誇り」にも目を向けてください。同窓生数万人、そして在籍する教職員も諸君の誇りです。
彼らに恥ずかしくない社会人になること。そしてそれが同窓生や教職員の誇りでもあります。

・「心の動き」とは
人間は、結果を予測すると脳内時計が早まる…という脳科学者の研究結果があります。
つまり、物事に目標を置いたり結果を予想したりしながら仕事をすることで、自分の時間を何倍にも有効に使えるようになります。
何をやればよいのか迷ったら、結果や目標、理想を思い浮かべること。



すぐに「自分探しの旅」をしたがる最近の若者にとって、なかなか示唆に富む講話ではないか。


そして、理事長の話は

・仕事とは最後までやりとげるもの。途中でやめたらそれは全て失敗である。
・工学とは、生活を豊かにするもの。(工学系の学校なので)
 人の生活に役に立つ仕事をすることを目標にしてほしい。
・仕事とは本来公的 (public) なもの。若い頃は「自分のために」となりがちだが、「社会のために」力を尽くし、利益を独り占めしようとは考えないこと。



学長も理事長も、わたしの母校で長く教えていた先生だ。
わたしは思いがけず、自分の恩師の前に立っているような気分になり、背筋を伸ばして聞き入ってしまった。


x-x-x-x-x
そんな立派な先生方の薫陶を受けているはずなのに、部員のていたらくときたら…。
どうしてお手伝いのわたしたちより部員の方が少ないの?キミらの先輩の卒業式でしょ?
(いちばん多かったのは附属高校の吹奏楽部部員だった)
しかも、本番の朝に楽譜をよこすってどうよ…それは人にモノを頼む態度じゃないだろー

そして、案の定あんまり上手じゃないんだよ。全体的に残念な部活だ。

こんなダメダメなコたちを、torakoたちは入学式も手伝うことになりました…。
スポンサーサイト

姉さん、事件でした

2010.03.12.Fri
シンガポール人がシンガポールに帰り、
わたしがシンガポールから帰り、
タイ人もタイに帰り、

ようやくわたしに平穏な日々が戻ってきた。
日本がいちばん、日本人がいちばんだ

グダグダだったシンガポールのテレビ局の招請の件;
わたしがシンガポールにいる間に、クルーもシンガポールに帰って来て、現地で会うことができたのだが、感想を聞いたところ、撮影自体は非常に好評だったようだ。
それはよかったよかった。とにかく終わって本当によかった。


しかし、わたしがシンガポールに行く前に、既に事件は起こっていた。


東京から彼らが新幹線で到着し、駅近くのホテルにチェックインした。
驚いたことに、カメラマンとディレクターの夫婦が息子を連れて来ていた。
小太りでめがねをかけた典型的シンガポーリアン風外見の息子、21歳。
あいさつができないとか食べ方が汚いとか、そういうことはもはやどうでもよい。

クルーの宿泊については、うちが全員分をシングルで手配した(もちろん費用もうちが負担)。
事業を委託したJ社の添乗員がまとめて手続きし、鍵を全員に配った。
すると、チェックインをした気配もないのに、息子がクルーと一緒にエレベーターで客室階に上がって行った。
「?」…わたしと添乗員は、思わず顔を見合わせた。


えっ、まさか…いやいや、そんなことあるはずアリマセンって。
…で、でも、い、一応親に確認しとこうかな…ね、念のため。


荷物を置いて降りて来た母親に聞いてみた。
「ちょっとちょっと、息子の予約はどうしたの?」
「ああ、あの子はわたしと一緒に寝るから、don't worry!


えー!全然どんとうぉーりーじゃないよー!
中国人ならいざ知らず、お行儀のよいシンガポーリアンがこれをやるとは!
(どこまで本当か知らないが、中国では「1人あたり」ではな「く1室あたり」の料金なので、1部屋に10人くらいで泊まって費用を浮かせるという話を聞いたことがある)

「何が起こっても仕方がない」と腹をくくっていたわたしも添乗員も、これにはさすがに ( ゚д゚)ポカーン となった。

通訳を通じて(わたしの語学力でこれを言うのは無理)
「お互いオトナだから、わたしたちもホテルに告げ口したりはしないけれど、
 見つかってもうちもJ社も責任取りませんよ」
と言ってもらった。


ホテル側には奇跡的にバレなかったようだが、バレなきゃいいという類いの話ではない。
次に招請事業をやる時は
(少なくともここのテレビ局は金輪際呼びたくないが)
家族を帯同するかどうか、事前に確認しなければ。
ガイジンと仕事するってホント怖い


それと、小太り21歳の息子に添い寝する母親…この国は早晩ダメになるな。

ちなみに、息子は兵役に行くはずだったのが延期になって、休暇を持て余して親について来たらしいのだ。
こんなクソガ…お坊ちゃまでも軍隊に入れば多少はまともになるんですかね。

大雪です

2010.03.10.Wed

当地、結構ハデに積もりました。
タイ人も大喜びでした。

ああ松島や

2010.03.08.Mon

シンガポールからやっと帰って来たと思ったら、留守中にタイ人のアテンドをあてがわれていました。

ああ松島や…外国人としか遊覧船に乗ってないなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。