スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんじゅう

2009.01.30.Fri
地方空港はどこも「冬の時代」だ。
もともとさほど需要もないところに空港を乱造してしまったツケで、就航してくれる路線をどこの空港でも躍起になって探していたと思われる。
そこへ来て、この不況…。
旅行需要の冷え込みで、航空業界も経営が苦しくなっており、休止・減便に追い込まれる路線も多いはずだ。



と、まじめな話から入ってみたが、
そんな「景気の悪い話」がテーマとなる打ち合わせに上司と同僚と3人で出席した。

A「空港によっては、『着陸1回あたりいくら』『ツアー1つあたりいくら』と
 助成金を出しているところもあるようなんです」

B「だからと言って、うちも現ナマを入れ始めたら、キリがなくなってしまいますよね」

デブ(上司)「じゃあ、現金のかわりに何かみやげでも渡したらどうですかね。
 地元の名産品とか」

A「…しかしですね、広く薄くセールスするのか、どこか1つに絞るのか、
 本当はそろそろ考えなくちゃいけない時期なんじゃないですかね。
 正直ベースでBさん、そちらはどう考えてるんですか?」

B「…正直に言えば、うちは香港(からの航空路線)ひと筋で行きたいんです」

何ですって?うちはタイひと筋で行きたいのだ。
それじゃあ今から「香港を取るか、タイを取るか」という話になっていくのか?

B「香港にもっと資金を集中できれば、
 もっと効果的なセールスがやれるんですけど…」

でもみんな、うちはタイに集中したいのも知っている。
これ以上突っ張ると角が立つ…とB社が口をつぐんだその時;







デブ「まんじゅうはどうですかね?」









ヤツの頭の中では時間が「みやげ」で止まっていたらしい。
あまりの展開に、思わずわたしと同僚の目が合った。
そしてわたしたちは思った;



空気読めーヽ(`Д´)ノ



しかし、B社はさらっと受け流した。

B「サンプル程度で配るのはアリなんでしょうね」

おおー!オトナな対応だ。すばらしい。
どうしてよそのカイシャにはこんなにすばらしい人材がそろっているのだろう。

その後、あんなにキナ臭かった話は跡形もなく消えた。


x-x-x-x-x
バカデブのすごいところは、その天才的な「空気の読めなさ加減」もさることながら

「もしかしたらあれは作戦だったのか?」

とまわりに思わせてしまうところだ。
だって、まんじゅう爆弾を落とさなければ、寝た子を起こすような議論に巻き込まれるところだったのだから
スポンサーサイト

降臨

2009.01.26.Mon
最近、仕事に余裕があって、家に帰るのが早いためか、次々とが降臨している。
(PCに寄り付かないのはそのためもあるが、いちばんの理由は「PCの置いてある場所が寒いから」)

いつも課題を先延ばしにしてきたカリグラフィーだが、今回は〆切を前に早々と描き上げた。
かなり手抜きですけどね…。

あと、秋ごろから頼まれていたフルートアンサンブル用の編曲も、神のおかげでこの週末に一気に仕上げることができた。
気づいたら8時間飲まず食わずだった。神の力はすばらしい。
(「全て神頼み」なわたしに編曲を頼む人たちもある意味すばらしい)

クロスステッチもちまちまと進んでいる。
職場のお昼休みにも20分は刺しているし、家でも毎晩2時間はやっている。
神が降りてくると、時間の使い方がうまくなったような気がして、生活が楽しい☆


以上、現場から「日記が滞っている言い訳」をお伝えしました。

だまされるな!

2009.01.23.Fri
留学時の成績表がアメリカから送られてきて、課長から返された。
全科目ともFinal GradeはA、Attitude(態度?違うな、たぶん)はOだった。

OはOutstandingのOですよ。torakoすごくない?
あれでOなら、クラスメートはみんなOですな…。

ちなみにOの下はS(Satisfactory)、その下はU(Unsatisfactory)。
「たいへんよくできました」「よくできました」「がんばりましょう」みたいなものか。

うちの課長、こういうところにはデリカシーがないので、みんなの前で「大変優秀な成績だったということで!」と言って手渡してくれた。
まわりの人も「すごーい」と言ってくれた。ってか言うしかないよね。


みんな、とっても大事なことを忘れている。
わたしが全然しゃべれないまま帰って来たということを。


x-x-x-x-x
そうこうしていたら、シンガポールの旅行会社から隣の席の職員に電話がかかってきた。
本人は「わたし全然しゃべれないの…」と言っているが、ペラペラだ。
そして、当然流暢に英語で受け答えしていた。

彼女はうちの課が長く、4月にはたぶん異動するはず。
ということはですよ、来年度は

「torakoサン、プリーズ?」
という電話を取らなくちゃいけないかもしれない


ということですよ。

わたしも異動したい。pen1_02.gif

風邪ひきました

2009.01.21.Wed
20090121123354
ダルくて昨日から家で寝ています。
熱はありませんが、頭とハラが痛いです。

しかしながら、寝ているのにも飽きました…

TOEIC

2009.01.12.Mon
みなさんはどんな三連休をお過ごしでしたか?


昨日は、三連休の中日だというのにTOEICを受けに行った。
カイシャが、「留学の効果を測るため」と言って、受験料を出してくれたのだ。
(「くれた」って…頼んだ覚えはないが)
むふ、サラリーマンっぽい

わたしは、去年の6月に人生で初めてTOEICを受けたのだが、なんだかんだで既に4回目となった。
しかも1回はアメリカで受けてますからね。もはやコワイものはない。

留学して伸びたと思うのはリスニングだ。
わたしの場合、自分では飛躍的に聴けるようになったと思う。
うまい形容ではないが、「カタカナでしゃべっているように聞こえる」ことがある。

ところで、TOEICのリスニングセクションでは、
「アメリカ」「イギリス」「カナダ」「オーストラリア・ニュージーランド」
という4種類の英語を聞かされる。

初めて受けた時は

「確かに全部英語っぽい」

と思ったが、11月に語学学校で受けた時には

「分かる英語と分からない英語がある」

と思った。
どうやらアメリカの発音に慣れ過ぎて、イギリスやオーストラリアの発音が相対的に聞き取れなくなってしまったようだ。

TOEICって「心理戦」みたいなところがあって
(まあ試験というのは何でもそうだが)
「あ、ダメだ」と思うと全然聴けなくなる。

かくして、「カタカナのように聞こえて笑える」という状態と「これはもはや言葉ではなく音のかたまり?」という状態が交互に訪れ、前半のリスニングセクションですっかり疲れてしまった。
結局、自分で思っているほどには聴けてないんだな…



今のところわたしの最高スコアは805点だが、今回それを維持できるかどうか、1ヶ月後が楽しみだ。
いえ、自信があるというわけではなく、「怖いもの見たさ」故である。



ちなみにアメリカでの結果はどうだったかというと

680点(6月)→805点(9月)→795点(11月)

どうして「いちばん恵まれた環境」で下がったのか、
カイシャには死んでお詫びしたい気分だ(ウソ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。