スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れた

2007.09.30.Sun
日曜日だが今日も出勤。23時過ぎに帰ってきた。
〆切がいくつも重なって、自分でももはや捌ききれない状態である。

昨日は市民センターでロビーコンサートをやってきた。
仕事も忙しいが、アンサンブルの依頼演奏も月1くらいで入っていて
(11月・12月・1月にそれぞれ1回ずつ、
 ちなみに今月は2回だった)
アマチュアなのに練習日程もタイトだ。

11月には昇任試験があり、その受験勉強のために吹奏楽団の活動はしばらく休むことにしたのだが、まあこんな生活なので全然勉強ができない。
まして趣味の時間など持てるはずもない。
え?アンサンブルは趣味でしょ、って?
「吹いて」と頼まれて引き受けたら、それはもう「義務」なんですな…。

傍目には「充実した生活」かもしれないので、贅沢を言ってはいけないと思うのだが、



疲れた(;;´д`)



「二兎を追うものは一兎も得ず」
とりあえず係長試験を捨てるか
スポンサーサイト

本気で申し訳ないと思ってる?

2007.09.28.Fri
毎日毎日、なかなか日記にたどりつけません。
生活全てにおいて仕事が遅いもんで、あれもこれも手が回らんのよ。
ファンのみんな、ごめんねぇ(^人^)

x-x-x-x-x
今週の始めに課長面談があった。
先週提出した異動希望調書に基づき、課長が異動の希望や職場への不満・提案などを一応聞いてくれる場だ。
わたしは庶務には向いていないと思うが、うちの課の他の仕事はもっとやりたくない。
(専門的な知識がイヤでも身に付くので、いちどその「色」に染まってしまうと、何度も同じような部署に呼び戻されるからだ)
ここはひとつ、今のポジションで粘って早期脱出を図るのが賢明である。

そこで、
「自分には庶務のセンスはないかもしれないですが、来年までは庶務でがんばりたいですっ☆」
(=だから2年で出してね)
と明るく前向きな感じを醸し出して言ってみた。

すると課長、ニッコリ笑って
「torakoさんを庶務にしとくにはもったいなくてさ、ホント申し訳ないんだよねー。
 アナタにはもっと働いてもらえそうだし、来年のことはオレに任せてもらえる?
 係異動もアリってことで☆」


Σ(゜д゜lll)ガーン
Σ(゜д゜lll)ガーン
Σ(゜д゜lll)ガーン


毎日何時まで残業してるか知ってるでしょ!
これ以上ボロ雑巾のようにこき使う気かーヽ(`Д´)ノウワァァァーッ

恐怖体験

2007.09.20.Thu
ゆうべは1時まで職場にいた。
(今日ヤマを越えたので、しばらくはちょっと楽)

12時半ごろ、「すいませーん」という声がした。
その時、わたしはフロアで最後の1人だった。
「守衛さんかな」と思って席を立ち、入り口に行ってみると、フツーのお兄さんがうちのカイシャの角2封筒を持って立っていた。
えー?もう12時半だよ。ドウユウコト?

「すぃません、○○課ってどこですか?」
「え…場所はご案内しますけど、職員はみんな帰ったと思いますよ」
「ああ、はい、…」

廊下に出て近くまで案内し、
「エレベーターの向かいのドアがそうなんですが…でも誰もいないと思うんですけど…」
「ありがとうございます。あとは探してみます」
探すって?と思ったが、わたしも眠かったし、そのまま職場に戻った。

けどさー、例えば提出物の〆切があったか何だか知らないけど、夜中に来るなんていくらなんでも非常識じゃないの?
だいたい、なんで守衛さんも部外者を真夜中に入れるのさ。

悪意のない人だったからよかったようなものの、物盗りとか凶器を持ったおかしい人とかだったらどうするよ。
こっちだって、「職場だったら安全」だと思うから一人で真夜中に残業しているわけである。
わたしはいちばん上の階にいるので、何かあって悲鳴を上げても、守衛さんには聞こえないだろう。

おお、こわ。これからは最後の一人になるのはやめよう。

そう思いながら、1時に職場をあとにした。


x-x-x-x-x
翌朝(今朝)、出勤したら思い出して腹が立ってきたので、向かいの席の人に
「ゆうべ、こんなことがあったんですよ…」
と話してみた。



「…その人、ちゃんと足あった?…」



Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ
違う意味で、夜中に一人で残るのはやめよう…。

友だち?

2007.09.17.Mon
先週は3日夏休みを取ったが、結局この三連休は全部出た。
休暇を取ったのがアホらしい。

x-x-x-x-x
今朝、職場に行く前に、お菓子を買おうと思い、コンビニに寄った。
「…○○円になります」
「あ、袋は結構です」(←torakoエラい☆)
「かしこまりました。ポイントカードはお持ちですか?」
「持ってません」

「作んないんスか?」

「は?」

「だからぁ、ポイントカード作んないんスか?」



うちら、友だちなんスか?



…すっかり若い男の店員のペースに巻き込まれ、とんとん拍子で(?)カードを作るはめに。
「便利っスよね!ダンナさんの分も作んないんスか?」
作りません。
「はい、ではこちら商品になります」


…そこには、レジ袋にすっぽり入ったわたしのポッキーがあった。
袋はいらん言うたやろ~!人の話も聞け~!

大通公園

2007.09.12.Wed
20070912141156
ベタですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。