スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の友情

2008.12.09.Tue
日本に帰ってきました!現在懸命にリハビリ中。


最後に、もういちどだけEdmundの話をさせてください。


空港で彼に会ったのだ。
彼こそがバス手配の担当者で、わたしたちがもういちど会える可能性があることを知っていた。だったら言えよー
(たぶんだまそうと思ったのではなく、単純に忘れていたものと思われる。アメリカ人だからしかたない)

わたしを降ろしたバスが、彼を拾うことになっていたらしく、わたしはバスの中でそれを知った。
そこで、運転手(学生アルバイト)のRobertに、「彼に会ってから帰りたいので、彼を拾ってからわたしを降ろしてください」と頼み、わたしたちは一緒に到着ロビーで彼の到着を待つことになった。

わたしは当初、空港の免税店でワインを買いたかったので、偶然早めのバスを予約していた。
結局ワインは別の日に買ったので、彼を待つ余裕が十分あったのだ。

「もう着いたかも」とRobertが電話をかけたら、Edmundは既に空港にいた。
しばらく話をしていたが、Robertが「…ええ、彼女はあなたに会いたいと言って、一緒に待ってますよ」と言った。
わたしがいるかどうか聞いてくれたっていうこと?最後までいいヤツじゃないかー。

そして彼が姿を現した。もう当然hugだ。
彼は、「渡すものがあるんだ」とポケットをごそごそ探し、ペンギンのピアスを手渡してくれた。
「はい、タイみやげ。何かペンギングッズをあげたいと思ってて、ちょうど見つけたから」
わたしに会ったらすぐ渡したいと思ったから、きっとポケットに入れてたんだ…そのことがとてもうれしかった。
もし会えなかったら、彼はどう思っただろう…会えて彼を喜ばせることができてよかった。

タイでペンギングッズを見つけるのは、本当は大変だっただろうな。

でも、絶対しないタイ製のピアス、怖いじゃないですか…耳に悪そうだ。

それはともかく;
バスに戻って荷物を入れ替え、3人で出発ロビーに向かった。
わたしは既にネットでチェックインを終えていて、荷物をチェックインするために並んでいた。

と、Edmundが、並んでいたわたしに近づいてきた。
「あそこにペンギンのぬいぐるみを持った女の子がいるよ。
 僕が音を立てて彼女の気を引くから、その隙に盗みなさい!」
「はい?何言ってるんですか?
 そんなことできません。わたしは日本人ですよ」
「…分かった。 じゃああなたが音を立てなさい。そうしたら僕が…」
「ダメ」
どうしてアメリカ人って連中はどこまでもおバカなんだろう…。

そのあと、彼はRobertの都合も聞かず、「出発まで時間がありすぎるでしょ、お茶でも飲む?」と聞いてきた。
そんなのダメダメ。もっと別れが辛くなるもん。それにまず、Robertに聞きなよ…。
「一人で大丈夫です。ありがとう。もう行きますね」
「…じゃあ、元気でね。またカリフォルニアに遊びに来て」
そして最後にEdmundとhugし、Robertに手を合わせてから(彼の国のあいさつのようだったので)、歩き出した。
歩きながら、自分でも思いがけず、涙があふれてきた。


彼の友情が、最大の誕生日プレゼントになった。
スポンサーサイト

帰国します

2008.12.06.Sat
6日午前6時。いよいよ帰国の朝がやってきた。

これからルームチェックを受け、学校のバスで空港に向かう。
クラスメート(日本人)が、最後に一緒に朝ごはんを食べようと言ってくれていて、ルームチェックのあとスタバに行く予定。
(このスタバにもずいぶんお世話になった…メルさんの日本史談義を聞かされ、Edmundに感謝の気持ちを伝え、Lloydの最後の授業(?)もここだった)

断ったのだけれど、何人かが寮で見送ってくれると言ってくれた。
ああ、書きながら鼻の奥がツンとしてきた

日本には7日夕方に着く予定。
もうすっかり寒いんでしょうね…シカゴで買ったコートが活躍しそうだ。

日本に帰ったら
・美容院に行って前髪を切りたい
・スカートとブーツをはきたい
・モスのライスバーガーが食べたい

これを書いたらPCをしまいます。次は日本でお会いしましょう。

Festival of Light

2008.12.05.Fri
ライトアップを見に、友だちとまた某ホテルに行った。
ここのダウンタウン、本当に何もなくて薄暗いのだが、そこだけ別世界だった。

正面のアーチ。おとぎの国の入口みたいだ。
DSC01119.jpg

壁にはくるみ割り人形が…ちょっと怖い。
DSC01111.jpg

やしの木と電飾…意外にいい取り合わせかもしれない。
DSC01115.jpg

4階から見るからくり時計。
DSC01121.jpg

プールも、前回来たときよりさらにセレブ感がアップ。
DSC01131.jpg

さらに、見て回っている時にちょうど22時になって、鐘がクリスマスソングを奏で出して、さらに華やいだ雰囲気になった。


x-x-x-x-x
わたししか場所を知らなかったので、わたしがみんなを案内して回ったのだが、
前に連れて来てもらった時に、写真を撮るのに夢中になっていて、わたしが頭をぶつけた場所を通った。

その時はかなり派手な音(お寺の鐘みたいな「ゴーン…」という音)を出してしまい、Edmundが「地震?今揺れたよね」とわたしをつついてクスクス笑い出したのを、ふと思い出した。



ああ、こうやってときどきいろんなことを突然思い出すんだろうな。



思い出して切なくなるのと、忘れてしまうのと、どっちが悲しいだろう…とも思ったが、「今はいい思い出なんだから、まあいっか」と考え直した。

大変な10週間だったけど、全部笑って話せる思い出に変わってよかった。

最後の授業

2008.12.04.Thu
とうとう最後の授業の日が来た。
どの授業でも、先生がそれぞれ趣向を凝らして、最後の授業を盛り上げてくれた。

女の先生たちは、ケーキを焼いて来てくれた。
1時間目にブラウニーを食べ、2時間目にシナモンケーキを食べ、11時で既に満腹…。

特にStephanieは、最後に目に涙を浮かべて
「みんなに会えてうれしかったわ」
と言ってくれた。

授業中はとても厳しかったけど、みんなStephanieのことが大好きだった。
大好きだったが、彼女の宿題のせいで、今日は朝6時まで寝られなかった。
そんな寝不足も手伝って、torako思わずもらい泣き…。

わたしの帰国を知っていたStephanieは、「泣かないで~。日本に帰っても元気でね」とhugしてくれた。
ああ、もうスィートすぎ~

3時間目は男の先生で、前の日に
「明日は最後だからスタバに行こう。ロビーに11時に集合!」
と言ってくれていて、約束どおりみんなで学校の向かいのスタバに行った。

もちろん授業なんてやるわけがない。
みんなでずっと写真を撮り合い、メールアドレスを交換した。

この1枚がまた「青春」って感じ
(いちばん前が先生…わたしたちはLloydのことも大好きだった)
DSC01097.jpg


こんなふうに先生や友だちを別れを惜しめる日が来るなんて、10週間前はとても想像できなかった。
みんなの親切と友情に、ただただ感謝している。

ここに来られて本当によかった。
自分を信じてがんばった甲斐があった。

シカゴ【2】

2008.12.01.Mon
運の悪いことは重なるもので、ネットがつながると言われていた従姉の家では、ネットにつなげなかった。
そこで、もよりの駅前のコーヒーショップでこれを書いている。

さて、シカゴはとても気に入った!
やしの木は1本もないし、空気も冷たくて気持ちいい。

アメリカに来る前、軽く「駅前に留学」していたが、そこの先生(ほとんどカナダ人だった)が
「カリフォルニアの連中はみんなcrazyだ!太陽が彼らをstupidにしていると思う」
とさんざん悪く言っていた…「太陽云々」以降は大賛成だ。
わたしはやっぱり暑いところは苦手。シカゴに来てそれを再認識した。

x-x-x-x-x
さて、シカゴでは何をしているかというと;
従姉の知り合いの家に呼ばれ、Thanksgivingのディナーをごちそうになった。
DSC00932.jpg

Thanksgivingの翌日は、アメリカでは「暗黒の金曜日」と呼ばれる、めちゃくちゃcrazyなセールがある。
ちょうどコートを買いかったので、仕事に行く従姉にショッピングモールで降ろしてもらい、バーゲンで服を何枚か買った。
DSC00942.jpg

また、今回の滞在のメーンイベントとして、ウィーン少年合唱団の演奏会のチケットを買ってあった。
シカゴ交響楽団の本拠地・シンフォニーセンターで、命を洗濯した。
DSC00985.jpg

シアーズタワーにのぼり、ミシガン湖を一望。
DSC00965.jpg

シンフォニーセンターの向かいにはシカゴ美術館。
アメリカに来て、初めて文化的水準の高い生活を送っている。
DSC00982.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。